読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VEGEMITE ベジマイト

food

いに!待望のアレをゲットしました!

 

ベジマイトです!

 

f:id:gentlemanswardrobeandgarage:20161013181415j:plain

 

まあ、実際には待望のではなく、近くのスーパーで売っているのを半年前に気付きながら、半年間、買うか否か、迷ってたんですけどね...。

 

なにせ、マーマイトに並び、ネット上での味の評価がすこぶる悪い。

 

悪いどころか、「史上最悪の食べ物」とか、「食べてすぐ吐いた(お食事中の方、失礼)」とか、「トラウマになりそう」とか、とにかく、食べ物に対する評価というより、食べ物以外のものを口にしたかのような酷評の数々。

 

さすがの英国ファンの私もしり込みしたわけです。

 

とはいえ、これを乗り越えることは、憧れのイギリス暮らしを始めるための通過儀礼(?)のようなもの。

 

覚悟を決めて、本日、購入して参りました!

 

ま、ご存知の方も多いと思いますが、ベジマイトは、オーストラリアのもので、本場イギリスで作られているのはマーマイト。

 

マーマイトは、近所では手に入らないため、昨日、Amazonで注文いたしました。

 

恐らく同じような味だとは、思うのですが、同じ英連邦の国ですし、食べ比べしようと思い、先にベジマイトにチャレンジです。

 

ベジマイトについては、wikipediaに詳しく書かれておりますので詳細は割愛致しますが、一部抜粋しますと、

 

「1923年にオーストラリアのフレッド・ウォーカー社(Fred Walker)がビール酵母からスプレッドを開発した際に、食品技術者のシリル・キャリスター(Cyril P. Callister)がベジマイトを発明した。

 

ベジマイトイースト菌抽出物(酵母エキス)を元に作られている。実際には醸造の副生成物であり、麦芽抽出物も含んでいる。ベジマイトチアミン(B1)・リボフラビン(B2)・ナイアシン(B3)・葉酸(B5)などのビタミンB群に富んでいる。」

 

ということで、ある種、健康食品みたいなものですかね。

 

青汁のCMで「まずい!もう一杯!」というのがありましたが、良薬は口に苦しで、イメージ的には、それに近いかもしれません(?)

 

酵母エキスといえば、日本でもアサヒビールが「エビオス」というビール酵母から作った錠剤を販売していますが、私は何故か子どもの頃から味(かなり苦い)に抵抗がなく、おやつ代わりにボリボリ噛みながら食べてました。

 

さて、話をベジマイトに戻しますが、「オーストラリアの国民食」とも言われる(?)ベジマイトは、一体どんな味がするのでしょう。

 

早速、開封してみました。

 

f:id:gentlemanswardrobeandgarage:20161013182244j:plain

 

開けるやいなや、強烈なにおいが...。

 

濃口醤油のようなにおいの様でもありますが、味を想像するに塩っからそうだな、と。同時に、懐かしいエビオスビール酵母独特のにおいが後から追っかけてくるように漂います。

 

ここで余談ですが、私は、「臭い」とも「匂い」とも書いていないことにお気づきでしょうか。

 

さすがに食べ物なので「臭い」とは書きたくありませんが、とはいえ強烈なにおいであることは間違いないので、「匂い」と書いて、後から嗅いだ人から「どう考えたって臭いでしょ!」とクレームをつけられても困ります。ので、ここでは、「におい」とひらがな表記で続けさせていただきます。

 

正直、強烈なにおいではありますが、私は、なんとなく味を想像し、思いました。

 

「これは、塩辛みたいなものではないだろうか」

 

で、気になるお味ですが、さっそく、ベジマイト単体で味見。

 

「ぐふっ....」

 

思わず、口から出た音がこれ..。

 

苦みのある味噌を直接食べた感じでしょうか。

 

しかし..。

 

私は、ベジマイトからお金をもらっているわけでもないですし、擁護する立場でもないのですが、塩気があるので、もしかしたら、お酒には合うかもしれない。

 

最後に一縷の望みを託して、日本人にとっての主食「米」に代わる、欧米人のパンに塗って食べることにしました。

 

っていうか、もともとパンに塗って食べるものですけどね。

 

考えてみたらバターだってそのまま食べる奴はいない。

 

そうだ、きっとベジマイトだってパンに塗ったら美味しいに違いない。

 

ということで、トーストするのも面倒だったので、市販の食パンにそのまま塗ってたべることに。

 

とはいえ、ベジマイトだけでは不安だったので、バターも少々...。

 

それが、およそ美味しそうには見えない、こちら。

 

f:id:gentlemanswardrobeandgarage:20161013182250j:plain

 

で、お味の方はどうかと申しますと...。

 

意外や意外、私は、「これはありだな」と思いました。

 

バターのしつこさを、塩辛エビオス味噌、ベジマイトの強烈な個性が、美味く溶け合っている感じです。

 

トーストにしたら更に美味しくなると思いますが、これはちょっと癖になる味かもしれません。

 

「イカ墨の塩辛」という表現が近いかもなあ。

 

まあしかし、バターと食パンで個性が薄まったとはいえ、強烈な味とにおいは健在ですので、開拓精神の無い方にはおススメしません。

 

日本に興味をもった外国人が初めて納豆を食べる衝撃って、こんな感じかもしれません(笑)

 

さて、私は、これから食パンをトーストして、ベジマイト研究を続けようと思います。

 

オイルサーディンとか乗っけて食べるのもありかもしれません..。ビールのおつまみに良いかも。

 

それでは、続きはまた、本家マーマイトが届いてからということで。

 

 

追伸 美味しいという保証はゼロですが、一生ものの話のネタにはなります。